大人の矯正


審美的な面での改善

小さい頃からのコンプレックスがある方へ

今、自分の意志で、美しい口元、笑顔を求めて歯列矯正治療をされている方は、
そのモチベーションは治療するに当たり良い結果が子供の時より得られやすいことがあります。

人前で歯を見せて笑えない

歯を隠そうとすることで更なるデメリット

意識していなくても知らず知らずのうちに歯を隠してお話をされるようになってしまうこともあります。
また、歯を隠そうとすると口角が下がり、老け顔になるというデメリットも。

噛み合わせの改善

むし歯や歯周病の予防が比較的容易に

今までは歯ブラシが届かなかったところまで、歯磨きがしやすくなります。
また、きれいな歯並びは歯科医からすると治療しやすい歯並びともいえます。
さらに、食べ物をよく噛んで食べるようになるので、消化や吸収を助ける可能性があります。

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)矯正治療を木更津で

透明な矯正装置

マウスピース型矯正歯科装置は見えない・痛みの少ない・快適・清潔だけでなく、最近では治療期間の短縮も見込める治療方法です。
ただどの矯正歯科専門クリニックにて同じ効果が得られるものではありません。治療経験によって左右されます。今井矯正歯科クリニックでは毎年この装置が開発されたU.S.にて講義を受けております。
※インビザライン(カスタムメイド矯正装置完成物)は医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

まずは初診相談を

初回のカウンセリングは無料

何歳になっても遅すぎるということはありません。
大人になってからでもきれいな歯並びを取り戻すことは可能です。

精密検査でわかること

矯正治療はその方に適した治療計画を立てる必要があります

噛み合わせには個人差がありますので、精密検査によって具体的な治療方針
(抜歯か非抜歯、最適な矯正装置の選択、治療期間、治療費)を決定いたします。
※精密検査:通常40分から1時間程度で行います。/有料

精密検査の内容

骨や歯の異常がないか記録・確認します。

お口の型採りと咬み合せの記録 / X線写真撮影(歯の本数や傾き、歯根の長さや方向など)/ お顔のX線写真撮影(側面セファロX線写真・正面セファロX線写真)/ 顔の歪み、あごの動きの診査 / 顎の運動方向や顎を動かす筋肉の状態を記録します。

抜歯の可能性について

抜歯か非抜歯かの判定

成人矯正では、こどもの矯正治療のようにあごを拡げる治療が難しくなる為、歯を抜く可能性が高まります。
しかしながら、精密検査の結果によっては、最新の治療テクニックの採用により非抜歯が可能になるケースもあります。

治療装置の選択

最適な治療法と矯正器具の選択

マウスピース型矯正歯科装置、Wire矯正装置、
その併用(マウスピース型矯正歯科装置+Wire矯正装置)、
付加的な装置の選択 など

治療期間について

患者さんの治療協力度によって変化します!

Wire(ワイヤー)矯正の場合は、通常2〜3年程度。(咬み合わせ、年齢、骨格などによってはそれ以上も)
マウスピース型矯正歯科装置の場合は、個別作成する装置によって変動。
(例:片あご40個の場合で約1年 8ヶ月程度)
(咬み合わせ、年齢、骨格などによってはそれ以上も)

※治療期間を短縮したい場合は治療加速装置(オプション)によって
治療期間が約半分程短縮されます。(治療期間2年の場合→1年)

治療費について

選択するための大切な要素

マウスピース型矯正歯科装置、wire(ワイヤー)矯正によって治療費は異なります。
準備矯正(こどもの矯正)をされていた方は、差額分となります。*クレジットカード決済は対応しておりません。

成人矯正のデメリット

年齢を重ねていく上での矯正のデメリット

・治療期間の延長(中・高校生と比較した場合)
・装置に慣れにくくなってくる ・通院日が限られる(仕事など)
・痛みを感じやすくなる  ・ワイヤー装置が目立つ可能性(仕事・恋愛)
→マウスピース型矯正歯科装置と治療加速装置の併用で解決することも可能。

Video

 検索
 TEL   0438ー30ー4618
PAGE
TOP
 
 
 
 
今井矯正歯科クリニック